大阪(藤井寺市・羽曳野市・松原市・富田林市・八尾市)の遺品整理・ゴミ屋敷整理・生前整理ならクリーンケア
0120-333-183
受付時間:08:00~20:00(年中無休)
0120-333-183
受付時間:08:00~20:00(年中無休)
お役立ちコラム
敬礼するハートくん

2020.11.05
遺品整理のお役立ちコラム
 

遺品整理で売れるもの!捨てるのはもったいない!高値がつくものも解説

「親が亡くなってしまい、遺品整理で不用品を売りたい」となったとき、何が売れるのか?いくらで売れるのか?など気になりませんか?

 

遺品整理で出る不用品には、意外に高値で売れるものがあり、中には100万円以上の値がつくケースがあります。

 

そこで今回は、日頃から遺品整理に携わっている私が、遺品整理で売れるもの、意外に高値で売れるものをお伝えしていきましょう。

 

さらに、後半には「遺品を売るのに抵抗がある」という方のためにも、どうすればいいのか解説します。

 

遺品整理で売れるものは?自分の判断だけで捨てるのはもったいない

骨董品

まず、遺品整理で売れるものの代表的に、骨董品(こっとうひん)やブランド品などがあります。

 

しかし、「骨董品やブランド品じゃないから」という理由で、自分の判断だけで捨ててしまうのは、非常にもったいないこと。

 

実際に、「ボロボロで売れるはずがない」と思っていた不用品が、オークションサイトで100万円以上になった例があります。

 

そう、「え、こんなものが?」という不用品の中に、「とんでもない価値を秘めている」ことは、よくあるのです。

 

遺品整理で出た「売れるもの」を捨ててしまわないように、実際にどんなものが売れるのか、順番に解説していきましょう。

遺品整理で売れるもの!骨董品やブランド品、家具家電など

 

繰り返しお伝えしていますが、遺品整理では特に、骨董品やブランド品、さらに家具家電などが売れます。

 

売れるものの代表格と、「これがあると価値が出る、売れやすい」ポイントをまとめました。

 

・ブランド品:袋や箱などの付属品、シリアルナンバーがある
・骨董品:例えば掛け軸なら、墨のにおいや表面にデコボコがある、箱などの付属品がある
・家具・家電:有名デザイナーや有名メーカーのもの
・陶器類・食器品:有田焼などのブランドやメーカー、有名デザイナー、海外の古い食器
・貴金属類:例えば金の場合、刻印がある、磁石が反応しない、密度が高いもの
・真珠:ツルツルしていると人工の可能性があるが、天然だと表面がザラザラしている
・ダイヤモンド:天然だと息を吹きかけても曇りがすぐに消える
・絵画:表面がデコボコしており、作者のサインがある
・洋服:保存状態が良く、ブランド品
・着物:実はあまり値にならないが、江戸時代のものや、持ったときに重い感じのもの、生地がやわらかいもの
・プラモデル:説明書の付属、有名アニメや映画、鉄道模型
・切手:明治・大正・昭和初期に発行され、現存するものが少なく、短期間に発行されたもの
・楽器:袋や箱、説明書などの付属品がある、学生が吹奏楽に使う春に需要が高まる

 

もし、遺品の中に思い当たるものがあれば、ぜひ買取業者などに依頼してみるといいでしょう。

専門業者やネットオークションを利用しよう

 

遺品整理で売れるものが決まったら、買取りの専門業者やサイトなどを利用して、売りに出しましょう。

 

代表的な買取先をまとめました。

 

・リサイクルショップ(HARD OFF・BOOK OFFなど)
・買取専門業者サイト(買取王子・Amazon買取サービスなど)
・ネットオークションサイト(ヤフオク!・モバオクなど)
・フリマサイト・アプリ(メルカリ・ラクマなど)
・ブランド品専門買取サイト(ブランドコレクト・ブランドオフなど)

 

自分でお店に持ち込むのもありですが、ネットの買取サービスだと、宅配で不用品を送り、査定後に指定口座に入金される仕組みです。

 

持ち運ぶのが難しいものなら、HARD OFFだと出張買取を依頼できます。

 

また、買取先を「自分で依頼して手配するのは大変」という方は、後ほど紹介する遺品整理の業者に依頼するのもおすすめ。

 

遺品整理で出た不用品は、さまざまな経路で買取りを依頼できるので、ぜひ利用してみるといいでしょう。

 

こちらで、遺品整理で骨董品が出てきた場合について解説していますので、ぜひ参考になさってください。

 

遺品整理で骨董品がでてきたらどうすればよいか

価値の分からない骨董品

遺品整理で思わぬ高値で売れるもの!金歯やコレクターが喜ぶプラモデルなど

モノレールのプラモデル

 

ここまで、遺品整理で売れる代表的なものをお伝えしてきました。

 

しかし中には、「思わぬ高値で売れるもの」として、金歯やプラモデルなどがあります。

 

どんな「思わぬ高値で売れるもの」があるのか、詳しくお伝えしていきましょう。

金歯や仏具など、金・銀・プラチナが使われているものは要チェック

 

まず、金歯や仏具など金・銀・プラチナが使われている遺品は要チェックです。

 

思わぬところに金や銀などが使われているケースをまとめました。

 

【金が使われているもの】
金歯・金縁の眼鏡などがある。金歯の場合、故人の方で純度の高い金を使っていることがよくあり、納棺師が気付くケースがある。

 

【銀が使われているもの】
・仏壇のお鈴・ろうそく立て・線香立てなどは純銀製の可能性があり、お寺で「魂抜き」をしてもらってから売ると良い
・優勝カップ:優勝カップの裏に「SV900」など、銀の純度を示す数字が刻印されている

 

金は相場によって価値が変わるので、相場をチェックしておくといいでしょう。

 

また、優勝カップに使われている銀のように、金銀、プラチナのものには、その裏に刻印が見つかる可能性があります。

 

「金銀、プラチナが使われているかもしれない」と思ったら、専門業者に問い合わせてみるといいでしょう。

コレクターがいると100万円以上の高値がつくこともある

 

コレクターがいると、ボロボロでも100万円以上の高値になることもあります。

 

実際に、遺品整理で出たものの中で、高値になった例を集めました。

 

・ボロボロのよろいとかぶと:100万円
・オーディオ機器(アンプや配線など):70万円
・切手の束:21万円
・楽器や勲章(自衛隊の方の遺品):20万円
・ブリキの車のおもちゃ:17万円
・ガンダムのプラモデル:8万円
・中国の古書(5冊セット):7万円
・希少価値の高いお酒:6万円
・昔の少年ジャンプ:4万円

 

こういったものは、コレクターにとっては「いくら出しても欲しい」と感じるもの。

 

読まれている方の中で、該当するものがあれば、ぜひオークションサイトなどに売りに出してみてはいかがでしょう?

少しでも高く売りたい!売るときのコツ

 

さらに、少しでも高く売るためのコツもまとめました。

 

・店頭の買取業者より、オークションサイトやメルカリなどのサイトに出してみる
・箱や袋などの付属品と一緒に売る
・1社のみでなく複数見積もりを取る
・できるだけ、きれいにしてから売る
・季節・世の中の需要に応じたものを売る
・単品ではなくセット売りにする

 

故人の遺品を安く見積もられるのは、とても悲しいこと。

 

売る前の少しの努力で、少しでも価値を上げて売るようにしましょう。

高く売れると思ったのに売れないものもある

 

遺品整理をしていても、残念ながら「高く売れると思ったのに、売れなかった」といったこともあります。

 

高く売れなかった例をまとめました。

 

・数十万円もしたブランド物の新品スーツが500円
・見た目格調高いソファだったが、流行に合っていなかったため、引き取れなかった
・アクセサリーは10万円以上になったが、他の食器や花瓶、置物などは1万円以下だった
・着物・プラズマテレビ・毛皮のコート・桐たんすなどは価値が付きにくくなっている

 

「買取り額よりも、遺品整理をするためにかかった交通費のほうが高くついた」という話があるほど。

 

遺品は高く売りたくても、需要と流行に合っていなければ、高く売れない、引き取れないことがあることも知っておきましょう。

遺品を売るのに抵抗を感じる人も多い!しかし、保管しておいても使わないことが多い

物がいっぱいに詰まった倉庫

 

ここまで、遺品整理で売れるものなどについてお伝えしてきました。

 

しかし、「故人のものを売るのは忍びない」と、亡くなった親の遺品を押し入れにしまい込んでいる方も多いはず。

 

故人の遺品を手放すのは、申し訳なく感じるのは当然のこと。

 

しかし、こういった遺品は、残念ながら「全く使わないし、出して見ない」ことがよくあります。

 

そこで、提案なのですが、「今、生きている自分に本当に必要な物は何か?」と考えてみるのはいかがでしょう?

 

急いで売る必要がなければ、こういった考えが自然にできるようになるまで、待ってみるといいでしょう。

 

また、「売ってお金を得る=悪い」と考えがちですが、「お金はエネルギー」という考え方があります。

 

そのエネルギーが「また誰かの役に立つ」と考えれば、遺品整理も進みやすくなるのではないでしょうか?

売るのが大変なら遺品整理業者に依頼するのもおすすめ

 

もし、「買取業者に買取りを依頼するのが大変」のなら、まとめて遺品整理業者に依頼するのもおすすめです。

 

依頼者の代わりに、買取業者やオークションサイトに出品してくれるため、自分たちで手配する必要がありません。

 

請求金額から遺品の買取金額を差し引くので、その分、安くなります。

 

なお、遺品整理業者に依頼する際は、「古物商許可」を持っているか確認しましょう。

 

古物商許可は、古物を売買するために必要な許可なので、もし持っていないと違法業者かもしれません。

 

少しでも負担を減らしたい方は、遺品整理業者を通じて遺品の買取を依頼してみてはいかがでしょう?

【まとめ】遺品整理で損しないように売ろう

パンプスと電卓とお金

 

遺品整理で売れるものなどについてお伝えしてきました。

 

最後に、お伝えしてきた内容をまとめましょう。

 

・骨董品やブランド品など、有名なものなどは売れる
・売るときは専門業者やネットオークションを利用しよう
・思わぬ高値で売れるものとして、金歯や仏具、プラモデルなどがある
・遺品を保管していても、実は使わないことが多い

 

遺品整理では、少しでも損のないように売りましょう!

大阪で遺品整理をお願いしたいならクリーンケア

 

ここまでお読みいただいた方の中で、「大阪で、遺品整理をお願いできるところはないかな?」と気になった方はいませんか?

 

クリーンケア』だと古物商許可を持っており、遺品整理で出た不用品への対処が可能。

 

さらに、クリーンケアのおすすめポイントはこちら。

 

・お見積りご相談0円
・ご利用者満足度98.6%
・月間整理依頼100件

 

大阪に限らず、奈良、兵庫、京都、和歌山、滋賀と関西エリアを中心に幅広く対応中です。

 

「遺品整理と不用品の売買とまとめてお願いしたい」と悩んでいる方、ぜひクリーンケアにお知らせください!

お電話によるお問い合わせ

 

0120-333-183
受付時間:08:00~20:00(年中無休)
期間限定 ホームページリニューアルキャンペーン こちらからのお問合せでお見積り金額10%OFF