大阪(藤井寺市・羽曳野市・松原市・富田林市・八尾市)の遺品整理・ゴミ屋敷整理・生前整理ならクリーンケア
0120-333-183
受付時間:08:00~20:00(年中無休)
0120-333-183
受付時間:08:00~20:00(年中無休)
作業実績

遺品整理
 
2020年8月 大阪府富田林市K様

間取り:1LDK
作業人数:3人
料金:88,000円
 

作業前後の状況写真

作業前
作業後
作業前
作業後
作業前
作業後

担当スタッフのコメント

大阪府富田林市のK様宅へ遺品整理のご依頼で伺いました。



【K様のお悩み】



今回はHPからご依頼頂きK様宅へ遺品整理に伺いました。

大型家具や家電の処分にお困りだった事とお見積もり時のヒアリングシートの打合せの中で故人の銀行口座のカードを
お探ししている事がわかり、クリーンケアの方で遺品整理と合わせて探して欲しいとご要望でした。

【作業について】



故人が綺麗好きで几帳面だったこともあり、マンションの各お部屋の整理整頓もしっかり行き届いておりました。
あと事前にK様の方でも必要な物と不要な物の仕分けを明確にして頂いたおかげで当日の作業は想像以上にスムーズに進行し最後のお部屋の掃除もとてもやり易かったです。
ありがとうございます。

家電の処分の方でも中には新しい物もあり、K様のご要望にもありました買取もクリーンケアの方でさせて頂きましたので作業代金がお安くなった事、お探しの銀行口座のカードも比較的にですが容易に見つける事が出来ましたので大変満足して頂けました。

今回も時間に余裕が出来たのでサービスでK様が持ち帰る必要な物をお車までお運びして喜んで頂けたので我々スタッフも満足のいく整理作業になりました。


【銀行口座について】


整理作業の依頼の中で「銀行の通帳やカードを探してほしい」とご要望される事がよくあります。
今回は銀行口座についてお話したいと思います。


◎名義人が亡くなった場合、銀行口座は凍結される

名義人が亡くなった銀行口座は、銀行によって凍結されます。

口座が凍結されると、お金の預け入れ・引き出しが一切できなくなり、公共料金などの引き落としも停止されてしまいます。
相続人であったとしても、口座のお金を動かすことは一切できません。

また、口座が凍結された状態では、名義人の変更もできなくなってしまうため、注意が必要です。

銀行の方では、遺族からの報告や新聞のおくやみ欄、地域の巡回などから名義人の死亡を確認しています。

人が亡くなった時は市役所に死亡届を提出しますが、市役所が金融機関に名義人の死亡を連絡することはありません。

そのため、銀行側が名義人の死亡を把握しておらず、名義人の死後も口座が凍結されない場合も少なくないのです。



◎故人の銀行口座が凍結される理由

銀行が故人の口座を凍結する理由は、「故人名義の口座の預金残高は、相続財産となるから」です。
名義人の死亡後も入出金がされると、相続財産の額が不透明になってしまいます。

相続財産は相続税の課税対象となるため、死亡を報告せずに出金を行うと、脱税行為になってしまう場合があります。

また、故人の口座から親族や相続人の1人が勝手にお金を引き出してしまうということも考えられるでしょう。

相続争いや銀行へのクレームへ繋がることを防止するため、銀行は個人の口座を凍結しているのです。
トラブルを防ぐためにも、名義人が亡くなった場合は銀行に申し出を行うようにしましょう。


◎口座凍結を解除する方法


故人の口座の凍結を解除するためには、相続方法が確定していることを証明する書類の提出が必要になります。
一般的に

・故人の出生から死亡までの戸籍謄本
・通帳、届け印、キャッシュカード
・相続人全員の戸籍謄本
・相続人全員の印鑑証明書
・銀行所定の相続届

などの提出が必要となります。

遺産分割協議を行って相続する場合は、遺産分割協議書の作成とこれらの書類の提出を同時に進めるようにしましょう。
相続争いが発生している場合や、相続人全員の実印がない場合は凍結を解除することができません。

また、相続の状況や金融機関によっては別の書類が必要になったり、書類の形式に決まりがある場合もあります。
銀行に問い合わせて、手続きの方法や必要書類を確認しておきましょう。


◎口座の名義人が亡くなった場合は、早めの対応を


故人の口座が凍結された場合、凍結解除には様々な書類の提出が必要になり、手続きに時間がかかることが予想されます。
口座の取扱いに対する知識を身に付け、早めに対処しておくことが重要です。

また、名義人の死後も口座が凍結されない場合もありますが相続争いなどのトラブルを防ぐためにも、故人の口座は凍結しておいた方が良いと言えます。
親族との関係や必要な費用など、状況に応じて銀行へ申し出るようにしましょう。

後々のトラブルに発展しないよう、故人が生前家族に黙っていた口座や通帳は早めに見つけておいた方が良いです。
早めに見つけるためにも、遺品整理は重要なものとなります。


クリーンケアではお客様の想いやお悩みを知る為に業界初のヒアリングシート体制を用いています。
整理業務を行う前にお客様にヒアリングシートをお渡しし、ご要望や注意点などをご記入して頂きお話を伺います。

スタッフはその情報を元に整理作業を行っていきます。
事前にヒアリングを行う事で作業時間の短縮になり、業務完了後のトラブル防止等の為にも導入しているシステムです。

クリーンケアは大阪・奈良全域で遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷整理、空き家整理を行っており、経験豊富なスタッフにて安心安全作業を心掛けております。初めてでお困りの方や費用が高くてお悩みでしたら1度、遺品整理有資格者在籍のクリーンケアにご相談下さい。
お電話によるお問い合わせ

 

0120-333-183
受付時間:08:00~20:00(年中無休)
期間限定 ホームページリニューアルキャンペーン こちらからのお問合せでお見積り金額10%OFF