大阪(藤井寺市・羽曳野市・松原市・富田林市・八尾市)の遺品整理・ゴミ屋敷整理・生前整理ならクリーンケア
0120-333-183
受付時間:08:00~20:00(年中無休)
0120-333-183
受付時間:08:00~20:00(年中無休)
作業実績

遺品整理
 
2020年8月 兵庫県芦屋市О様

間取り:3LDK
作業人数:4人
料金:180,000円
 

作業前後の状況写真

作業前
作業後
作業前
作業後
作業前
作業後

担当スタッフのコメント

兵庫県芦屋市のО様宅へ遺品整理のご依頼で伺いました。



【О様のお悩み】



今回はいつもご紹介を頂く法人様にお繋ぎ頂きО様宅に伺いました。
О様のお父様の遺品整理でお父様は101歳の大往生だったそうです。

当初はО様のご親族で少しづつ不要なものを処分されたり知人に譲り渡したりしていたそうですが不用品の量もかなりあり、あまりにも大変だったので遺品整理専門業者にお願いしようとクリーンケアにご依頼いただきました。
ありがとうございます。

【作業について】



作業日当日に団地の外観の手直し工事と鉢合わせとなりトラックの駐車位置に迷いましたがО様の方で根回しして頂けてたおかげもあり無事に作業開始する事が出来ました。

事前にО様の方で不用品の片づけを少しづつされていたこともあり作業はかなりスムーズに進みました。
家具の中身など空にして頂いていたので小物の分別作業や箱詰め等の時間は想定よりも早く終わり、搬出に早目に取り掛かることができました。

予定よりも時間に余裕ができた事もあったのでО様ご夫婦がご近所に住まわれているご自宅にまだまだ使える家具や家電の運搬と設置をサービスでさせて頂きました。

大型の家具や家電多数もあったのでクリーンケアにて各お部屋に設置している様子をご覧になられて「自分達で運ぶのは大変だと思っていたので本当に助かりました。」と喜んでおられたので私達スタッフも満足出来たご依頼になりました。

お客様のご都合やご要望内容、クリーンケアの受注状況等にもよりますが、今回の様にお客様のご要望に応じて柔軟かつスピーディーな対応力はクリーンケアの特徴のひとつです。
些細な事でも気軽にご相談下さい。

【遺品整理の手順について】


今回のО様は当初、ご自身で遺品整理を行うお考えでした。
実際に遺品整理をしていくと想像以上に労力や時間が掛かる事に気付かれた様です。

少しでもご負担の軽減になればと簡単にですが遺品整理の手順についてお話したいと思います。


◎作業スケジュールの作成

まずは遺品整理をどのような日程で、どう行うのか、作業スケジュールを作成しておきます。

作業スケジュールの立て方としては、故人が暮らしていた家が賃貸だった場合、退去時期によっては家賃が発生してしまう可能性があるので管理会社に連絡して退去時期によって家賃がどうなるのかを確認しておきましょう。

そして、次月の家賃発生前までに退去しなくてはいけないのであれば、それまでに完了できるような作業スケジュールを組まなくてはなりません。

故人の持ち家だった場合は賃貸に比べると作業スケジュールも自由が効きやすくなりますが、空いた部屋に身内の入居が決まっていたり、売却を予定していたりするのであれば、それまでに遺品整理が完了できるようにしておきましょう。



◎遺品整理を行う前の準備

【あらかじめやっておいた方が良いこと】

・近隣住民への挨拶
・遺品整理業者や処分業者への依頼
・賃貸物件の場合は退去手続きの手配


近隣住民への挨拶は、作業時に騒音が出る可能性が高いので、作業を始める数日前にスケジュールを伝えておくと良いでしょう。
前もって伝えておけばトラブルも回避することができます。

次に、遺品整理業者や処分業者への依頼というのは、大型の家電や家具などを処分する場合、保管しておく場所もないので遺品整理時にそのまま処分してもらえるよう、手配しておくことを指します。
当日だと時間が取れない場合もあるので、事前に予約しておくと良いでしょう。



◎必要なものから仕分けしておく

遺品整理の際に多くの方が悩んでしまうこととして、まず何から仕分けを始めていいのか分からないという点が挙げられます。
まずは捨てられない、必要なものを選別しておいた方が良いです。

必要なものというのはご遺族によっても異なりますが、遺産に分類される現金や通帳、貴重品、手続きなどに必要な書類の他に、思い出の品なども含めておくケースが多いです。

ただ、思い出の品があまりにも多すぎると、形見分けなどをする時大変になってしまうので、本当に思い出としてとっておきたいというものだけを残しておくようにしましょう。

必要なものを分類する時は、専用の箱を作っておくと間違って処分されてしまうこともありません。
ここまでを身内や親しい人で行ったら、後は遺品整理業者に任せるという手もあります。


◎不用品を仕分けていく

次に不用品を仕分ける作業に移ります。
不用品の中にもリサイクルできるものとそうでないものに分けられます。
リサイクルできるものはリサイクルショップなどへ買い取ってもらうこともできますが、そうでないものは正しい方法で処分しなくてはなりません。

・家具や家電

家具や家電は壊れていなければリサイクルショップで買い取ってもらうことも可能です。
特に家電の説明書や保証書がある場合は、そちらも付けておくと家電だけで買い取ってもらうより高値が付く可能性があります。

・衣類
衣類に関しては形見分けするものとそうでないものに分けましょう。
形見分けする場合はクリーニングが必要です。
処分する衣類でまだ使える、きれいなものがあればリサイクルショップなどで買い取ってもらいましょう。

・食材
冷蔵庫の中に入っている食材などは全て処分しなくてはなりません。
生ゴミとして処分しましょう。

・日用品
食器などは茶碗といった思い入れの強いものだけ残しておき、あとは処分しましょう。
ほとんど使っていない食器があれば買取対象にもなります。
また、買い置きされている洗剤があればそちらは自宅に持って帰って使っても問題ないでしょう。



◎家具・家電、その他不用品の仕分け・処分はかなり大変…

家具や家電、その他不用品を全て仕分けた後は買取に出す、もしくは処分しなくてはなりませんが、とても手間がかかり最初に立てたスケジュール通りにいかないことも多々あります。

そんなに時間がかけられない、特に賃貸物件の場合は退去時期も決まってしまっているので早く遺品整理を行わなくてはならないと困ってしまうこともあります。


その様な時にはクリーンケアにおまかせください。
クリーンケアは大阪・奈良全域で遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷整理、空き家整理を行っており、経験豊富なスタッフにて安心安全作業を心掛けております。初めてでお困りの方や費用が高くてお悩みでしたら1度、遺品整理有資格者在籍のクリーンケアにご相談下さい。
お電話によるお問い合わせ

 

0120-333-183
受付時間:08:00~20:00(年中無休)
期間限定 ホームページリニューアルキャンペーン こちらからのお問合せでお見積り金額10%OFF