西宮市で遺品整理を行なった際の事例紹介

 |  |  | 0

西宮市で遺品整理を行なった際の事例紹介

 

今回のスタッフブログは、西宮市で行いました遺品整理の模様を写真でお伝えしたいと思います。

 

一人暮らしの3DKの団地で、5名で4時間ほどの作業でした。
お父様が一人暮らしをしており、お亡くなりになられたため、娘様よりご依頼があり遺品整理を行なったという流れでした。

 

まずは整理前の状況と整理後の状況を写真にてご覧ください。

 

ビフォーアフター

 

ビフォーアフター その一
ビフォーアフター その1

 

ビフォーアフター その二
ビフォーアフター その2

 

ビフォーアフター その三
ビフォーアフター その3

 

ビフォーアフター その四
ビフォーアフター その4

 

写真で見る遺品整理

 

ついで、作業中のスタッフの模様をご覧ください。

 

遺品整理作業終了時には、清掃をして終了です。
終了の清掃をするスタッフ

 

遺品を分別しています。
この分別がとても重要で、後々の作業にも影響します。
遺品を分別している状況

 

箱詰めされた遺品を運搬しています。
箱詰めされた荷物を運ぶスタッフ

 

大きさではまだ普通くらいのサイズのタンスを運んでいます。
もっとサイズが大きくなることもございます。
タンスをトラックへ運搬

 

団地の階段は一般的な家具は通るようになっています。
タンスを階段で運搬

 

細かい生活道具を箱詰めしていきます。
家財道具を箱詰めするスタッフ

 

締め

 

というような感じで、作業を行い、遺品を回収させていただきました。

 

生活用具を整理作業していると、作業をしている私たちもグッとくる時があります。

 

ただ、やはりそこは心を無にして作業に没頭いたします。
後々のことを考えた分別をしなければ無駄が生まれてしまいます。
仕事をする以上、無駄はない方がいいですよね。(^^;;

 

また、チームワークで作業しますので、バランスはなるだけ崩さないように作業を進めました。

 

比較的に短時間で終えることができ、お客様にもご満足いただけたようでした。

 

この度は、ご依頼をありがとうございました!
クリーンケアは常に前を向いて取り組んでいきますっ!

お気軽にご連絡ください