遺品整理・生前整理でお困りなら松原市のクリーンケアにお任せ下さい!

遺品整理のヒアリングシート体制とは?

優良事業所とは?

お急ぎであればお電話で!

メールの依頼はこちら!

ちょっとした軽作業の時でも大丈夫!

クリーンケアの部屋サイズでの料金目安

※現場の状況や、お品物の量により料金は若干前後しますので上記の料金表は目安としてご参考下さい。

※正式な料金は現地にて確認させて頂き、詳細を記載したお見積書をお渡し致します。

豊富な経験と知識でお客様の作業を全力サポート!

だからお客様に選ばれています!

遺品整理

生前整理

ゴミ屋敷整理

相続税の相談

お急ぎであればお電話で!

メールの依頼はこちら!

■実家の片づけは親孝行のうちの一つ終活前に確認しておきたい!エンディングノートと遺言書の違いとは?

「終活」は、人生の最期を迎えるための準備のことを言いますが、近年は終活を意識して過ごしている方が増えてきています。
終活の中では、エンディングノートを書き残している人も多くいますが、遺言書と混同してしまっている方もいるようです。
では、エンディングノートと遺言書の違いについて説明していきましょう。

■エンディングノートは遺族の負担を減らすためのもの

エンディングノートには、自分名義の預金通帳や印鑑、重要書類など必要な情報を生前に書き残しておくことです。
亡くなった後、どこに何があるかわかれば遺族の負担は軽減します。
故人の意思に基づいて遺品整理ができるので、残された遺族も安心して作業を進めることができます

■実家の片づけは親孝行のうちの一つ>■遺言書には法的な拘束力がある

遺言書もまた、故人の意思によって残されたものですが、大きく違う点は法的拘束力があるということです。
遺産相続に関しては法律によって相続されることになりますが、遺言書がある場合は法律よりも優先されます。
故人の遺言通りに相続されるので、それだけ遺言書には法律を覆す指導権があるのです。
しかし、遺言書に書かれた内容は全て法的な拘束力につながるわけではないので注意してください。

・財産の処分
・子どもの認知
・相続人廃除
・相続廃除の取り消し
・相続分の指定
・遺産分割方法
・遺産分割の禁止

以上の項目は遺言書として指定することができます。

■実家の片づけは親孝行のうちの一つ>■エンディングノートと遺言書の違い

遺言書は遺産の相続について表示するためのものですが、エンディングノートは、自身が亡くなった後のために情報を書き残しておくものです。
法的に無効になることがないので、特に書き方についての決まりはありません。
必ず記載しておかなければならないこともないので、内容は全て書く人に委ねられています。
遺産整理をする際、遺族の負担が軽減される内容は「どんな葬儀がしたいか」「遺品の取り扱い」などです。
病気を患った時にどんな対応をして欲しいか記載している人も多くいます。
自分が亡くなった後にこうして欲しいという希望がある場合は、死後のトラブルを避けるためにも、エンディングノートを書くことをおすすめします。

■実家の片づけは親孝行のうちの一つ>■終活の相談もできるクリーンケア

松原市で終活や生前整理について相談したい方は、遺品整理業者に依頼してみてはいかがでしょうか?
松原市を対象エリアとしているクリーンケアは、遺品整理だけでなく生前整理やエンディングノートについてのアドバイスも行っています。
不要なものを処分したり、大型家具などの搬出も行いますので生前のうちに身のまわりのことを整理しておきたい方は、一度松原市のクリーンケアまでご連絡ください。
相続の問題などを抱えている方については、遺言書の作成などのご相談も対応致します。