ゴミ屋敷整理とは?

お急ぎであればお電話で!

メールの依頼はこちら!

01.親身なスタッフ対応

02.大型家具もお任せ下さい

03.アフターケアもしっかり対応

ゴミ屋敷整理の料金目安一覧

※現場の状況や、お品物の量により料金は若干前後しますので上記の料金表は目安としてご参考下さい。

※正式な料金は現地にて確認させて頂き、詳細を記載したお見積書をお渡し致します。

お急ぎであればお電話で!

メールの依頼はこちら!

まるで別の部屋みたいにとても綺麗になりました。

一人暮らしをしているのですが、正直自分でも自覚をしているのですが

本当に掃除というのが苦手で「少しくらい放置していても気にならないしいいか」と、

不要な物を捨てずに置いていて、気づけばかなりの量のゴミが溜まっていました。

悪臭も発生していて自分の部屋がどんどん居心地が悪くなってきて手が付けられない

状態になってしまった時に依頼をしました。搬出の速さや臭いの脱臭などとても早く

作業をしてくれて終わった後、別の部屋の様に感じられて居心地もよくなりました。

これからはゴミを小まめに処理する努力をしていこうと思います。

御所市 Nさん

お急ぎであればお電話で!

メールの依頼はこちら!

実家がゴミ屋敷に…なぜ物で溢れてしまうのか?

久しぶりに大阪や奈良にある実家に帰ってくると、物が溢れた状態になっていてまるでゴミ屋敷になってしまっていた…という経験を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?せっかく実家でくつろごうと思っても、くつろげる環境でなくなっている場合があります。なぜ、実家がゴミ屋敷になってしまうケースが多く見られるのでしょうか?今回は実家で物が溢れてしまう理由についてご紹介します。


■実家で物が溢れてしまう理由

実家で物が溢れてしまう理由には様々なものが挙げられます。

・もったいない精神が強すぎる
「もったいない」という考え方を強く持っている方の場合、絶対に自分では使わないものでももったいないからといって捨てられなくなってしまいます。元々物があまりない時代に生まれている方にとっては、どんなものでも活用することが当たり前でした。そのため、もったいない精神が強くなってしまっているのです。しかし、いくらもったいないといって残しておいても結局使わずにゴミになってしまうことがほとんどです。度が過ぎるもったいない精神は、実家をゴミ屋敷に変貌させてしまう可能性が高いと言えます。

・足腰が悪くなり捨てられなくなった
高齢になってくると関節や筋肉、骨なども衰えてくるため、足腰が悪くなってしまう方もいらっしゃいます。足腰が悪くなると物を片付けるという行為そのものが億劫になってしまい、生活スペースが物だらけになってしまうというケースは少なくありません。しかも、整理整頓されていないことで探しているものがどこにあるの分からなくなってしまい、新しく買った方が早いということで買ってきてしまうとそれによってどんどん物が増えて、ゴミ屋敷化してしまうのです。足腰が悪くなることは歳を取っていく上で仕方のないことかもしれませんが、体調に合わせて整理整頓しやすいように生活環境を変えることも重要だと言えます。

・認知症が原因の場合も
軽度の認知症は自覚症状も分かりづらく、ただの物忘れと勘違いしてしまうことがあります。しかし、もし認知症だった場合はそれが原因でゴミ屋敷と化している可能性も考えられるのです。なぜ認知症が原因でゴミ屋敷になってしまうのかというと、上記項目でも挙げたように物忘れによって本当は家の中にあるのに新しいものを買ってしまうという他にも、曜日が分からなくなってしまうことで、いつゴミを出せばいいのか把握できなくなることもあります。また、認知症は老人性うつ病も一緒に発症されやすく、部屋の掃除や片付けができなくなってしまうセルフネグレクトに陥ってしまう可能性があります。セルフネグレクトになると家族や他人から「片付けた方が良い」と言われるとストレスにつながりやすく、場合によってはキレてしまう方もいるようです。そのためどんどん家族や他人からも干渉されなくなってしまい、ゴミ屋敷化した実家の中で孤独死してしまうケースも考えられるでしょう。さらに認知症で表れる症状の中には、収集癖が出てくる場合もあります。こういったものが重なることで、実家がゴミ屋敷となってしまいます。


■まだゴミ屋敷ではないけど…気を付けた方が良いポイント

少し片付いていない状態でもゴミ屋敷とまでではない場合でも、ある部分が散らかっているようなら今後ゴミ屋敷化する恐れがあると言えます。どんな部分をチェックしておいた方が良いのでしょうか?

・冷蔵庫やパントリー、納戸の中がごちゃごちゃしている
毎日使う冷蔵庫の中がごちゃごちゃしている時は、気を付けた方が良いでしょう。高齢になってくると食事量が減るだけではなく、料理すること自体が億劫になってしまいがちです。食品を買ってきたり、友人や知り合いから食材をもらったりしても使い切れない場合があります。普通なら食材の期限が切れた段階で気づいたり、そうでなくても冷蔵庫の中がいっぱいになってきたと感じれば、片付けを行う方も多いかと思いますが、中には冷蔵庫の中がいっぱいになっても片付けが面倒で行わないこともあるのです。これは、冷蔵庫だけではなくパントリーや納戸の中など、他の人にはあまり見られない部分がごちゃごちゃと散らかっている場合でも同じようなことが言えます。

・玄関が散らかっている
逆に、人から見られることの多い玄関が散らかっている場合、かなり気を付けた方が良いかもしれません。実家に帰ってきた時に、明らかに玄関が散らかっている時は、親に様子などを聞き、片付けを提案してみてはいかがでしょうか?


■実家のゴミ屋敷を改善するなら大阪・奈良のクリーンケアへ!

実家が既にゴミ屋敷化してしまっているという方は大阪や奈良にもいらっしゃるかもしれません。そのような方は諦めず、ゴミ屋敷整理をサポートしてくれる業者に依頼してみてはいかがでしょうか。クリーンケアは、大阪や奈良全域に対応する遺品整理・生前整理・ゴミ屋敷整理を行っております。実家がゴミ屋敷状態になっているという場合は、クリーンケアにご相談いただけると、不用品などは処分し、クリーンな環境にしていきます。無料見積もりも承っておりますので、大阪・奈良の実家がゴミ屋敷化して悩んでいるという方は、ぜひクリーンケアまでお問い合わせください。