本や書類などを生前整理するには?

 | ,  |  | 0

本や書類などを生前整理するには?

遺品整理は家族が故人が残した品々を整理することを意味しますが、生前整理は元気なうちに自分自身で整理を行うことを意味します。
近年は、終活をするという方も増えているので、生前整理で身の回りを片付けておくという方も少なくありません。
今回は、本や書類などを生前整理する際のポイントを紹介します。

 

 

■本を生前整理する際のポイント

本を読むことが趣味という方は、家にたくさんの書籍が置いてあることでしょう。
長年読んできた愛着のある本などを含めるとかなりの数の書籍があるはずです。
本1冊であればそこまで困ることはないかもしれませんが、たくさんあると処分をするにしても、手元に置いておくにしても整理が難しいと感じてしまうかもしれません。
ここでは、本の選別方法や処分方法などを紹介していきます。

・残しておきたい本を決めておく
生前整理は遺品整理と異なり、元気なうちに身の回りを整理することです。
そのため、全ての本を処分したり、家族に贈与したりするわけではなく、手元に置いておきたい本もきっとあるはずです。
その時に、どのくらい残しておくかを決めておくと、必然的に残したい本が分かってきます。
どのように残す量を決めるのかというと、生前整理をしようと決めた段階で、収納スペースをあらかじめ決めておきます。
収納スペースが決まっていれば、収納できるだけの本しか残すことができないので、整理がしやすくなるでしょう。

・処分する本はどうするのか
残す本が決まれば、後は処分をすることになります。
処分の方法はいくつかあるので、自分自身が一番取り掛かりやすい方法を選択すると良いでしょう。

1つ目は、リサイクルショップに売るという方法です。
リサイクルショップは大阪や奈良にも複数あるので、近くの店舗を利用することができます。
リサイクルショップに持ち込み、査定をしてもらえば、ゴミとして捨てることなくお得に処分ができます。
ただし、持ち込んだ本の中に買い取ってもらえない物があったり、買取価格が安い物がある可能性を覚えておきましょう。

2つ目は、寄付をするという方法です。
本などを生前整理する際に、学校や図書館などに寄付をするという方もいます。
寄付をする場合、リサイクルショップのように買い取ってもらえるわけではありませんが、ボランティア活動の一環として寄付することになります。
ただし、大阪や奈良だけではなく全国の施設に言えることですが、どこの施設でも寄付を受け入れているわけありません。
そのため、事前に確認してから寄付する品物を持っていくと良いでしょう。

3つ目は、知人や友人に譲るという方法です。
寄付と同じように買取をしてもらうわけではありませんが、知人や友人であれば自分が知っている人の手に渡るので、知らない人の手渡るより知っている人の手元に置いてほしいという方はこの方法がオススメです。
しかし、いくら知人や友人と言っても、好みが違って受け取ってもらえない可能性も考慮しておきましょう。

 

 

■書類を生前整理する際のポイント

書類は何かと手元に置いておくことが多く、ついつい溜まってしまいがちです。
遺品整理で遺族が片付けると何かと問題が浮上してしまう可能性もあるので、可能であれば元気なうちに生前整理をして置くのが良いでしょう。

・書類を整理するメリット
書類を整理することで、本当に必要な書類だけが手元に残ります。
書類の中には、大切な書類もあるはずなので、とにかく捨てていけばいいというわけではありませんが、不要な書類が片付くことで身の回りもすっきりするはずです。

・書類を生前整理するためには
書類を整理するためには、まず家にある書類を集める必要があります。
必要な書類は段ボールに、不要な書類はゴミ袋にといったように分けていきます。
必要な書類には、源泉徴収票、保険関係の書類、税控除の証明書、登記に関する書類、相続関係の書類、使っている通帳、投資に関する書類などがあります。
不要な書類には、各種パンフレット、ダイレクトメール、レシート、給与明細、チラシ、記入済みの通帳、家電などの説明書などがあります。
不要な書類は、シュレッダーにかけ、大阪や奈良など各市町村のルールに沿って処分しましょう。

 

 

■生前整理業者の手を借りるという方法も

生前整理を行う際に、どうしても難しいと感じる場合は、生前整理を手伝ってくれる業者の手を借りるという方法もあります。
生前整理は、遺品整理と同様、時間もかかってしまうため、業者を利用することで効率よく行うことができるはずです。
大阪や奈良近郊で生前整理を検討している方は、整理する品々の所有者の方の意向に沿った生前整理を行っているクリーンケアにご相談ください。
クリーンケアでは、相続税や終活に関する相談も承っております。
遺品整理士の資格を持つベテランスタッフが、依頼者の希望に沿ったサービスを提供させていただきます。
生前整理・遺品整理どちらの場合であっても、残しておきたい物もしっかり相談しながら作業を行うので、安心してお任せください。

お気軽にご連絡ください