永代供養墓を利用する際も遺品整理は必要?

 |  |  | 0

永代供養墓を利用する際も遺品整理は必要?

これまで日本は、先祖代々お墓が受け継がれていくというのが当たり前とされてきましたが、近年は少子化や核家族化によって昔の家族の形とは大きく変わってきています。
子どもがいなかったり、いても遠方に暮らしているといった理由でお墓の後継者がいないといった問題も浮上してきているのです。
無縁仏にならないよう永代供養墓に移すといった事例も多くなってきました。
大阪や奈良にもお寺や霊園が建基した永代供養墓がたくさん見つかります。
今回は、永代供養墓の意味や購入する際の遺品整理・生前整理の必要性について解説していきます。

 

 

■永代供養墓とは

永代供養墓は、お墓参りができない・後継者がいないなどの理由で、墓参りや供養を定期的にお寺や霊園が管理してくれることを前提に購入するお墓のことを言います。
最近は夫婦ふたりだけでお墓に入りたい、近親者がいないなどの理由から永代供養墓を望む方が増えてきています。
また、後継ぎの不安はなくても費用を抑えてきちんと供養をして欲しいといった目的で永代供養墓を選択する方もいるようです。

 

 

■永代供養墓の期間や費用について

永代供養の期間は、十七回忌・三十三回忌・五十回忌までとお寺や霊園などの管理者によって様々です。
一般的には三十三回忌までが多いようですが、その後は共同型の墓地で供養してもらうといった方も見受けられます。
なかには購入年数で計算したり年間管理費が別途必要になるところもあるので、購入する墓地の使用料や年間費など価格設定を確認するようにしましょう。
お墓の種類は、合葬式納骨堂の形式や合祀墓、一般的な個別のお墓と同様なものなど色々ありますが、費用については大きな差があります。
また、供養の内容や建基する地域によっても違いがありますが、数万円~数百万円まで価格設定も様々です。
費用の内訳としては、永代供養料と納骨時の法要にお渡しするお布施、墓誌に名前を彫る刻字代が含まれることが多いです。
こちらも各永代供養墓によって一式料金の内訳は異なるので、一式の中に何が含まれているか必ず確認するようにしてください。

 

 

■身よりがない場合の葬儀や遺品整理

お墓の供養や管理と同様に、遺族となる身よりがいなかったり、いても遠方に住んでいる場合、葬儀や生前整理・遺品整理はどうなるのでしょうか?
ひとり暮らしの高齢者が孤独死してしまった場合は、亡くなった地域の自治体によって火葬が取り行われます。
火葬後の引き取り手がいない場合も自治体によってお骨を保管することになります。
火葬に必要な費用は一旦自治体が立て替えますが、遺産が残っている場合はその費用に充当し、足りない分は自治体によって負担することになるでしょう。
アパートやマンションなどの借家の場合は、遺品整理にかかった費用は家主さんや不動産会社が負担する場合もあるようです。

■家族以外に死後の遺品整理を依頼する方法

後継者がいない方は、自分が亡くなった後葬儀や火葬、遺品整理で迷惑をかけるのは申し訳ないと思うかもしれません。
生きているうちに自分で生前整理しておくことも必要かもしれませんが、亡くなった後のことに関しては対応できない面も出てきます。
しかし、葬儀や遺品整理などの死後事務委任契約を弁護士や司法書士、行政書士などに依頼することができるのをご存知でしょうか。
死亡届の提出、戸籍関係、勤務先の退職手続き、病院施設や老人施設の退院・退所手、葬儀・火葬、埋葬・散骨、公共サービス等の納税や解約手続きなどが対象内容です。

 

 

■生前整理は遺品整理専門業者に依頼する

死後の遺品整理に関しては当然費用はかかってしまいますが、面倒な手続きや葬儀などを自身で負担することができる最善の方法です。
生前整理については、誰の力も借りずに自分で対応できるものですが、「体を動かすのがやっと」「自分で片付けられない」といった悩みを抱えている方も多いでしょう。
特に高齢者の場合は、体力の低下や病気などで自力で整理整頓ができない方もたくさんいます。
自身で片付けられなくなると、ゴミや不用品がたまってしまい衛生的にもよくない環境を作ってしまいます。
他人に見られたくないものを処理できないまま、死を迎えてしまうといった無念を避けるためにも生前整理の必要性は高く求められるでしょう。
そんな整理のサポート役となるのが遺品整理専門業者のサービスです。
専門業者ならではの専門知識もあるので、生前整理だけでなく亡くなった後の遺品整理や正しい供養方法、トラブルを回避するためのアドバイスを有資格者から直接教えてもらうこともできるでしょう。

 

 

■大阪・奈良なら遺品整理のプロ「クリーンケア」までご相談を

大阪や奈良で生前整理の依頼を検討している方は、遺品整理業者クリーンケアにお任せください。
生前整理の一番の問題は労力や時間が失われることです。
クリーンケアでは、生前整理や遺品整理によって出た不用品の選別や回収も行っています。
重たい家具や電化製品などの移動、搬出なども対応していますので、依頼者様の負担をできるだけ軽減させたサービスに取り組んでいます。
また、生前の所有物で遺品となるものを見分けることも可能です。
膨大な量の荷物整理や保険の見直し、相続税などの相談も代行していますので、お困りの方は一度、クリーンケアまでご相談ください。

お気軽にご連絡ください