生前整理はモノだけじゃない!シニア世代が保険を見直すポイントとは?

 | ,  |  | 0

生前整理はモノだけじゃない!シニア世代が保険を見直すポイントとは?

生前整理で保険の見直しをしなくてはと思いつつ、面倒な手続きを先送りにしてしまう人は多いものです。
特にシニア世代は、健常なうちに身のまわりを整理しておきたいところです。
第二の人生で無理せず無駄のない保険を選ぶためには、どのようなことに注意して見直せば良いのでしょうか?
今回は、シニア向けの保険選びのポイントについて紹介していきます。

 

 

■保険料と預貯金のバランスを考える

保険の見直しをする時は、これから加入しようとしている保険料と預貯金を明確にし、計画的に運用できるかどうか見極めることが必要になります。
怪我や病気の心配をして生活資金を減らして高額な保険に加入しても、万が一の時のためだけに使えないお金がどんどん増えてしまうだけです。
生活資金とは別に用意できる資金で加入できる商品から選ぶようにしましょう。

 

 

■シニア世代でも選べる商品はたくさんある

保険商品の中には、シニア向け専用の商品から高齢者であっても健康であれば加入できる一般向けの商品があります。
医療保険やがん保険は80歳以上でも入れる商品もあるので、シニア向けの商品にだけこだわる必要はありません。
病歴がある人でも加入できる無選択型終身保険や引受基準緩和型医療保険なども見つかります。
一般保険よりも少し割高になりますが、全く保険に加入しておらず不安だという方にはおすすめです。
シニア世代の場合は、高額な死亡保険に入る必要はありません。
最低限、葬儀代や死後の遺品整理の際に必要となる資金のみ確保できれば良いのでこの場合は「終身保険」も検討してみてください。
相続対策でも保険を活用することができるので、専門家に相談してみましょう。

 

 

■生前整理によって残りの人生が楽しめる

生前整理や部屋の片づけをすることで、死を迎え入れてしまうと不安に思う方も多いと思います。
しかし、生前整理とは残りの人生を後悔なく楽しむためにしておくべき行為です。
今まで仕事や子育てで忙しく生前整理をする余裕がなかった方は、一息ついたこのタイミングがチャンスになります。

大阪・奈良で保険の見直しと併せて生前整理を希望される方は、クリーンケアまでお問い合わせください。
生前に自分の意思で身のまわりのものを整理しておくことは、亡くなった後の遺品整理の負担が軽減されることにもつながります。
遺品整理士の資格を持つスタッフが、老後に必要になるものや参考となる情報をアドバイス致します。
安心・丁寧がモットーのクリーンケアに、手間のかかる生前整理・遺品整理をお任せください。