個人の趣味・コレクションアイテムはどう遺品整理すべき?

 | ,  |  | 0

個人の趣味・コレクションアイテムはどう遺品整理すべき?

 

人それぞれ趣味やコレクションしているものがあると思いますが、故人の趣味やコレクションはどう処分すべきか悩んでいませんか?
コレクションの品々は親族にとっては不要なものであっても、故人が大切にしていたものだと捨てづらく、かといっても置き場に困ると悩む方が多いようです。
また、故人の家から遠くにお住まいの親族の場合は、たくさんあるコレクションを引き取ることは難しいでしょう。
悩みがちな趣味やコレクションアイテムの遺品整理についてお話していきます。

 

■故人の趣味やコレクションは人それぞれ

 

大阪や奈良でもコレクターはたくさんおり、収集が趣味と語る人も多くみられます。
家族には価値が分からないもので、故人やコレクターにとっては大切な価値があるので、不要だからと粗末な扱いは避けたいところです。
具体的にどんなアイテムがあるのか、よくあるコレクションアイテムをご紹介します。

 

・美術品、骨董品
主に中高年層が収集しているコレクションは絵画や壺などの美術品・骨董品があります。
これらのアイテムは偽物も多く流通しており、正しい価値を見出せない方も少なくありません。
しかし、本物であれば価値が高いので、処分に悩む親族は多いようです。

 

・切手、レトロ玩具、プラモデル
切手やレトロ玩具、プラモデルは様々なデザインやシリーズがあり、生産が終了しているものはプレミアム品やレア物としてコレクターに人気です。
ガラクタに見えてもすごいお宝が眠っているので、捨てにくいコレクションの1つでしょう。

 

・趣味用品
故人が趣味で使っていたものも、使えるものだと捨てにくい傾向があります。

 

・本
読書家の人であれば本がたくさん置いてあるでしょう。
古い本は遺品整理の際に処分する人も多くみられますが、初版は価値が高いので捨てないと選択されることもあります。
しかし、本1冊は結構な重量であり、本の数が多いほど置き場に困ってしまう方が多いです。

 

■趣味・コレクションアイテムの処分方法

 

趣味やコレクションアイテムは故人が大切にしていた、価値がありそうなどの理由から処分に悩む親族は多いです。
形見に近いものなので、故人の気持ちや品々の価値を大切にして処分しましょう。
趣味やコレクションアイテムは引き取る以外に、2つの方法があります。

 

・身内や知人などに譲る
身内や知人に故人と同じ趣味やコレクターがいれば、そのような人に譲ってあげるのが一つの手段です。
趣味やコレクションの価値が分からないと粗末に扱いがちですが、価値を理解できる人の手に渡れば故人も安心でしょう。
個人的な引き取り先がない場合は、図書館や博物館などの寄付することも可能です。
物によっては寄付対象にならないこともあるので、勝手に送らず事情を話して寄付しましょう。
また、コレクターの場合はコミュニティーが形成されていることが多いので、コレクションアイテムに適した団体で引き取ってくれる相手を探してみるのも良い方法です。
譲る処分方法のデメリットをあげるとすれば、引き取り手が見つかるまで所持している必要があり、引き取り手を自ら探さないといけないことでしょう。
なかなか見つからない場合は捨てるか残す、もしくは別の処分方法を考える必要があります。

 

・売る
引き取り先が見つからない場合は、骨董屋やリサイクルショップへ売るという手段が最適です。
価値のある物や状態が良い物は高値が付く可能性もあり、少しでも葬式費用の穴埋めなどにしたい場合にも良いでしょう。
専門店であれば売って処分できると同時に、売った物は別のコレクターが買って大切にしてくれるメリットがあります。
査定価格は業者によって異なるため、価格にこだわりたい場合は相見積りをすると良いでしょう。
業者によっては価値がつけられないものでも引き取ってくれることがあるので、その点も確認しておくと安心です。
こちらも売れるまで品を所持する、売れない時の処分方法を考える必要といったデメリットがあります。

 

■ネットオークションやフリマアプリで売る

 

中古ショップで価値がつけられない、譲り手が見つからない場合はネットオークションやフリマアプリに出店して売る手段があります。
売れるまで所持する以外に、アイテムの写真撮影や出品準備、梱包から発送と全て自分で行わなければならないため、時間と手間がかかることがデメリットです。
しかし、ネットオークションやフリマアプリを活用すれば、価値のないコレクションアイテムも予想もしなかった価格で落札されることがあります。

 

大阪や奈良エリアでもネットオークションやフリマアプリを使い、絵画や骨董品、趣味嗜好品を収集される方が増えているようです。
ネットオークションやフリマアプリでは取引の際にトラブルもあるので出品には注意が必要ですが、場合によっては効率良く処分できるでしょう。
トラブルでは「写真と実物のイメージが異なる」と文句をつけ、返金に関するトラブルが勃発することが多いです。
このようなトラブルを避けるために、様々な角度から写真を撮影し、文章でも詳細を正確に載せるようにしましょう。

 

■遺品整理業者に任せてみる!

 

遺品整理ではコレクションアイテム以外の品々も、分別と処分していかなければなりません。
遺品が多いとコレクションアイテムどころか、遺品全体の整理に着手しにくいことがあるでしょう。
また、遠縁の親族であれば、遺品整理やコレクションアイテムの整理自体に時間をかけられない可能性があります。
そのような悩みを大阪・奈良など近畿エリアで抱えている方は、遺品整理業者に依頼する方法も一つの手段です。
遺品整理業者では事前に打ち合わせを行い、コレクションも形見と処分するものと分け、適切に処分することができます。
場合によってはコレクションアイテムの買取に対応していることもあるので、処分ではもったいないと思われる場合は事前に相談してみると良いでしょう。

 

大阪・奈良で趣味・コレクションアイテムを含めた遺品整理を希望される方は、クリーンケアに任せてみませんか?
クリーンケアでは月間100件にも及ぶ遺品整理や生前整理を行っております。
遺品整理士の資格を持つスタッフも在籍しており、正しい知識と豊富な経験を生かして故人と親族の気持ちに配慮した遺品整理をお約束します。
見積りは無料なので、まずはご気軽にクリーンケアへご相談ください。

お気軽にご連絡ください