生前贈与の非課税特例とは?注意すべきポイント

 | , ,  |  | 0

生前贈与の非課税特例とは?注意すべきポイント

 

生前贈与とは多額の財産があり、これから相続人になる人の相続税の負担を減らすために財産を生前に贈与しておくことです。
生前贈与を行えば亡くなった後財産を引き継いでも、相続税を支払う必要がなくなります。
大阪や奈良では相続問題のトラブルが多く、本人同士で問題を解決するのが非常に難しいようです。
これから紹介する非課税特例を参考に、課税対象にならないための生前贈与について調べていきましょう。

 

■生前贈与を非課税で行う方法

 

生前に財産を渡すと贈与税が発生しますが、年間110万円以上でなければ基礎控除によって税金がかかりません。
これは法律に記された非課税枠ですが、これ以外に非課税対象となる特例はどういったものがあるのでしょうか?

 

・住宅取得資金贈与の特例
自分が住む住宅の購入資金を親または祖父母に贈与してもらった場合は、最大3,000万円までの贈与が非課税になります。
これから新築を検討している方にとっては、好条件な特例制度です。

 

・教育資金贈与の特例
30歳未満の子どもまたは孫への教育資金は、1,500万円までの贈与が非課税対象となります。
平成25年4月1日~平成27年12月31日までの期間しか適応されない学校塾や習いごとなどの費用については500万円までの贈与となります。

 

・結婚子育て資金贈与の特例
20~49歳までの子どもや孫の結婚・子育て資金を親または祖父母から贈与する場合は、1,000万円までが非課税対象です。
結婚資金の上限額は300万円までとなっています。

 

■生前整理の必要性とタイミング

 

相続税対策として生前贈与を行うことは大切ですが、相続トラブルや財産の不適切な処分を回避するために、身のまわりの整理をすることも大切です。
最近は、生前整理の必要性が問われていて生前整理方法について専門家にお任せする人も多くなってきています。
生前整理の際に遺言書を残す場合、書き方によっては法的に無効になることもあるので注意しておきたいところです。
生前整理は「まだ必要ない」と考えている方もいますが、人はいつ命を落としてしまうかわかりません。
そういった点から生前整理を始めるのに早すぎるということはないのです。

 

■生前贈与や相続問題は遺品整理業者にお任せ

 

大阪や奈良にお住まいで相続問題を抱えていたり遺言書の作成を検討している方は、遺品整理専門業者「クリーンケア」をご利用ください。
残された家族に負担をかけたくない、高齢で生前整理を行うことができないといったお悩みを解決致します。
クリーンケアは大阪・奈良を中心とした近畿エリアで、生前贈与についてお困りの方に手厚いサポートをしています。
公認会計士や税理士と連携していることで、法的な問題についてのクリアにすることも可能です。
生前整理や遺品整理をスムーズに進めるために、クリーンケアまで一度ご相談ください。

お気軽にご連絡ください