大量の写真・アルバムの処分、どう遺品整理するべき?

 | ,  |  | 0

大量の写真・アルバムの処分、どう遺品整理するべき?

 

遺品整理では故人の思い出の品がたくさん出てきますが、特に写真やアルバムは処分が難しいと思う方も多いでしょう。
大阪や奈良でも捨てずに残している方は多いかと思いますが、写真やアルバムはかさばるので収納場所にも困りがちです。
故人や家族の写真・アルバムをどのように遺品整理していくのか、整理のポイントをご紹介しましょう。

 

■大量の写真は遺品整理ですっきりさせよう

 

写真には故人やその家族との大切な思い出が残っています。
なので、大阪・奈良エリアにお住まいで、後から見返せるように残すことを選択される方もいらっしゃるのではないでしょうか?。
しかし、写真やアルバムの量が多いと収納に限界があるので、遺品整理時にしっかり整理した方が良いです。
写真を整理する際は、まず写真を家族と一緒、故人のみなどそれぞれカテゴリー分けして分類してみてください。
分けることで必要な写真と不要な写真を見極めることができます。

 

■形見分けやデータ化して残す

 

分類して処分する写真が判明しても、必要な写真が大量に残ることもあるでしょう。
その場合は1人が所有するのではなく、家族や親戚、友人に一部を形見分けすることで収納スペースを確保しやすくなります。
また、写真やアルバム本体を残さなくても、デジカメやスキャンでデータ化してパソコンやUSBメモリなどに保存する方法も場所を取らないのでおすすめです。

 

■不要な写真はお焚き上げで処分

 

写真はそのままゴミとして処分できますが、故人の形見なので神社やお寺でのお焚き上げ処分が望ましいです。
最寄りの神社やお寺でお焚き上げしてもらえるか確認をとりましょう。
遺品整理を業者に依頼する場合、仏壇や神棚の処分と含めて写真のお焚き上げ処分を代行してくれるところが多いので、依頼する場合は相談するのも1つの手です。

 

■大阪・奈良で写真も含めて遺品整理

 

写真・アルバム以外にもたくさんの遺品を整理する必要があります。
しかし、大量の写真を整理していると他の整理に手がつかないことも多いでしょう。
遺産が多くて遺品整理が進まないと大阪・奈良エリアで悩んでいる方は、クリーンケアにお任せください。
遺品整理に関する専門知識を持つスタッフが、形見分けや不良品処分など遺品整理を代行して行います。
家や部屋を丸ごと整理することはもちろん、一部の部屋や写真・アルバムはご家族が整理し、それ以外はクリーンケアに任せるといった細かい要望にも対応可能です。
遺品整理だけではなく、複雑な相続税のお悩みも専門家が丁寧にアドバイスいたします。
当日は立会人不要での作業も可能なので、大阪・奈良エリアで遺品整理をされたい方は気軽にご相談ください。

お気軽にご連絡ください