遺品整理時に行う「特殊清掃」とは?依頼する際の3つのポイント

 | ,  |  | 0

遺品整理時に行う「特殊清掃」とは?依頼する際の3つのポイント

 

大阪や奈良など近畿エリアでは家族に看取られて亡くなられる方もいれば、誰にも気付かれることなく孤独死を遂げる高齢者も増えています。
故人が住んでいた家や部屋をそのままにしておくわけにはいきませんので、遺品整理が必要になります。
しかし、孤独死の場合は発見の遅れが多く、死臭や体液の汚れなどの影響からスムーズに遺品整理を進めることが難しい状態がほとんどです。
そのような状態を解消するために、遺品整理前に特殊清掃が行われます。
特殊掃除とはどんな掃除なのか、実際に依頼する際のポイントをこちらでご紹介していきます。

 

■特殊掃除はどんな掃除?

 

大阪・奈良に限らず核家族化は全国的に増えており、一人暮らしをする高齢者が増えています。
近所や親族とコミュニケーションをとらない高齢者の場合、遺体の発見が遅れることが多く、その時には遺体の腐敗が進んでいる可能性が高いです。
腐敗が進むと異臭だけではなく、体の体液が流れ出し、カーペットや畳、床などに浸透し、シミ跡として残ってしまうのです。
遺体が運ばれた後も室内に死臭は充満し、染みついた体液も拭くだけで簡単に落とすことはできません。
その環境の中で遺品整理をすることは困難であり、窓を開けて行えばご近所に迷惑をかけてしまうので、特殊清掃で消臭や除菌、痕跡の撤去などが必要です。
一般の清掃業者では引き受けていないため、遺品整理業者に依頼しましょう。

 

■特殊清掃でできること

 

具体的にどのような掃除ができるのか、特殊清掃の内容をご紹介します。

 

・痕跡を撤去する
遺体は放置すると液体化し、腐敗の影響から体液や血液が流れ出すと、床や家財についてしまいます。
汚染された家財に触れると病原菌に感染する危険性もあるので、正しい方法で処分する必要があるのです。

 

・消臭、消毒、害虫駆除
放置期間が長いほど死臭は強烈なので消臭作業が必要であり、同時に室内に細菌が充満しているので消毒作業も行われます。
遺体には虫や動物が集りやすいため、その駆除も特殊清掃に含まれています。

 

・リフォーム
賃貸住宅の場合は原状回復を求められますが、状態によっては特殊清掃だけで対応できないこともあります。
その場合はフローリングの張り替えや畳交換などの室内リフォームが必要です。
簡単なリフォームなら特殊清掃を行う業者が行うこともありますが、別業者へ委託されることもあります。

 

■特殊清掃はトラブルが多い?

 

特殊清掃は一般的な掃除とは使用する洗剤も道具も異なり、場合によってはリフォームも必要なので一般的なハウスクリーニングよりも高額です。
さらに、状況に応じて作業も異なるため、価格が変動しやすく想像以上に高額になってしまうこともあります。
また、業者によっても質が異なるため、トラブルが発生するケースも珍しくありません。

 

・異臭がとれない
高額な掃除なのでできるだけ安い業者にお願いしたい方は多いと思いますが、安さばかりを重視すると経験不足の業者を選んでしまう可能性があります。
スキルが乏しく経験が不足している業者は特殊掃除の質も低いので、異臭がとれないトラブルが起きやすいです。
その場合は別の業者にお願いする必要もでてくるので、費用の負担も大きくなります。

 

・倍の請求額
特殊清掃は状況によって価格が変わりますが、見積りよりも3倍など高額すぎるトラブルも勃発しています。
この場合は最初に安く価格を提示し、後から難癖をつけて請求額を上げていく手口が多いです。

 

・不法投棄
特殊清掃によって廃棄されるものは業者が回収して処分しますが、不法投棄する悪質な業者がいます。
これは業者が一方的に悪いものですが、依頼者側にも責任が発生するので注意が必要です。

 

■依頼をする際の3つポイント

 

特殊掃除ではトラブルが起きやすいので、実際に依頼する際は注意が必要です。
悪質な業者への依頼を避けるためにも、3つのポイントをご紹介します。

 

・経験や実績が豊富な業者を選ぶ
つねに同じ現場ではなく、その状態に応じた適切な特殊掃除が求められます。
経験や実績が少ない業者では対応できない案件や対応しても不手際になる可能性があるでしょう。
経験が充実している業者が安心なので、ホームページで実績を確認してから依頼してください。

 

・電話やメールの対応
特殊掃除はデリケートな部分もあるので、依頼者を不快にさせない丁寧な対応が求められます。
その対応は電話やメールで確認できるので、問い合わせて対応がどうであるか確認してみましょう。
特に疑問点に関して的確に答えられない業者の場合、スキル不足の可能性もあります。
逆に丁寧な対応はその業者の指導力の良さが伺え、特殊清掃や遺品整理でも丁寧な作業に期待できるでしょう。

 

・正しい見積書の提出
電話やメールでは単純な見積りとなるため、正確な見積りを把握するには下見で現場の状況を判断する必要があります。
下見の時に見積書を出してもらい、内容もしっかり確認してください。
見積書の内容で分からないことは事前に質問し、真摯に答えてくれるかどうかも見極めましょう。
作業中に追加の作業が必要になることもあるので、追加作業があった場合の価格も聞いておくと安心でしょう。

 

■大阪・奈良で遺品整理を依頼するなら

 

遺品整理は形見分けや不用品、リサイクル品の分別などがあり、物が多いご自宅の場合は手間と時間がかかってしまいます。
大阪・奈良エリアで遺品整理を行いたい場合、時間を確保できない方や家が遠くて行けない方はどう遺品整理を行うか悩まれるでしょう。
また、どのように遺品整理を始めるべきか分からないと悩まれる方もいらっしゃるかと思います。
そのような悩みを抱えていらっしゃいましたら、ぜひクリーンケアにご相談ください。
クリーンケアは月間100件の遺品整理を行っており、お客様満足度も98%の実績を持っております。
遺品整理前にヒアリングシートでご要望や注意点を伺い、立会いなしでも事前に伺った情報から丁寧な遺品整理をさせていただきます。
悪臭や害虫が発生しているので依頼しづらいと悩まれる方もみられますが、クリーンケアでは問題ありません。
過酷な現場での作業も多数経験しているので、どんな状況下でも真摯な対応と丁寧な作業をご提供いたします。
見積りは電話やメールの両方で受け付けており、最短10分で見積もらせて頂きます。
大阪・奈良で遺品整理を検討されている方は、ぜひクリーンケアへご気軽にご相談ください。

お気軽にご連絡ください