福祉整理は遺品整理とは違う?大阪・奈良で介護施設入居のための整理

 | ,  |  | 0

福祉整理は遺品整理とは違う?大阪・奈良で介護施設入居のための整理

近年では、葬儀業者や遺品整理業者で福祉整理を仕事のうちの一つとして提供している業者が増加してきました。
その背景には、行政や地域などによる高齢者の見守りが大きいことが考えられます。
一人暮らしの高齢者を生前に発見し、介護施設入居のサービスを受けたり、一人暮らしを放置することがないようにサポートする事例も確実に増えてきています。
大阪や奈良などの地域でも高齢者が一人暮らしをしている世帯が多く、特に大阪市では約46%が一人暮らし世帯です。
今回は、高齢者に対する「福祉整理」の情報についてまとめてみました。
一人暮らしでなくても高齢者人口は今後も増加していく傾向にあるため、こちらを参考にしてみてください。

 

■福祉整理の意味を知っていますか?

一人暮らしをしている高齢者は、認知症や病気によって体の自由が利かない人が多いものです。
そうなると自分の部屋の整理もままならず、生活環境がどんどん悪化していきます。
このような生活環境を改善していくことを「福祉整理」と呼んでいますが、部屋の中にある不用品を処分するだけでなく汚物の清掃なども行っています。
部屋の消臭や消毒、害虫駆除、家財道具の撤去なども福祉整理の作業の一貫です。

 

■福祉整理は誰がするものなの?

福祉整理は、部屋の片づけや掃除が基本となるため、多くの場合不用品回収業者や福祉整理事業者、遺品整理業者などが展開しています。
この福祉整理は、介護施設に入るために住んでいる部屋を整理する必要がある人や、体が不自由で自分で整理することができない人、入院中のため自宅に戻る機会がない人、ゴミ屋敷になり悩んでいる人、汚物やゴミがいっぱいで介護ができないい人などを対象に活用できるサービスです。
福祉整理を行う中で、まだ使用できる家具や家電、生活用品などがたくさん出てくる場合があります。
この場合は、まだ使えそうなものを再利用し業者によっては買取を行ってくれるところもあるようです。
生活用品に関しては、他の高齢者に利用してもらうサービスもあるので依頼先の業者に確認してみてください。

 

■遺品整理と福祉整理の違いについて

これまでの福祉整理の情報を見ていくと「遺品整理と何が違うの?」という疑問を抱く人も多いのではないかと思います。
遺品整理とは、故人が愛用していたものを遺族または遺品整理業者が整理することです。
遺言書が残されていれば、その内容通りに行う必要があります。
部屋の整理という意味では同じものになりますが、福祉整理と大きく異なる点は介護のための整理と違って心の整理も必要になることではないでしょうか。
そのため遺品整理では気持ちが追いつかず業者に依頼する人も多くいます。
少子高齢社会となった今、一人暮らしの数も増えていることから自分の親が亡くなっても遺品整理できない人が増えてきているのです。

不用品回収業者でも遺族の代わりに遺品整理を行っているところもありますし、掃除や買取などサービスの種類も幅広いのが特徴です。
福祉整理と同じように整理や片づけは行いますが、基本的に遺族に立ち会ってもらうのが原則になります。
遺品を処分するかの判断は全て遺族にお任せしているところがほとんどです。

 

■部屋の片づけが中心の福祉整理

福祉整理の場合は、高齢者の住居場所を整理するため衛生面や生活環境を改善することが最優先になります。
散らかった部屋は、体を自由に動かすことができない高齢者にとって危険だらけの空間です。
床にゴミや不用品が散乱している部屋は、足元やものが見えづらい高齢者が転倒や骨折してしまう危険性があります。
高い場所にものを置いている場合も、取ろうとした時バランスを崩し怪我をしてしまう可能性も高いでしょう。
そして、何よりゴミだらけの部屋で生活していては衛生上よくありません。
特に体の弱っている高齢者は、抵抗力がないため風邪や病気にかかりやすくなる環境でもあります。

 

■福祉整理の必要性

福祉整理は、本来であれば高齢者の家族によって掃除するのが理想です。
しかし、労働環境や住居場所によって難しいこともあるでしょう。
自分たちで整理できない場合は、遺品整理業者に依頼し掃除のプロの技術で短時間に整理してもらう方法もあります。
不用品処分や仕分け作業など依頼者の希望に沿って作業してくれるので安心です。
業者に依頼すると短い時間で部屋が綺麗になるため、日帰りで介護施設に行っている間や通院している間に掃除してくれることもできます。
もちろん作業中立ち合って処分してほしくないものを伝えることもできるので心配な人は一緒に付き添った方が良いでしょう。
ゴミや不用品は、業者が全て処分してくれるので分別する必要もありません。
まだ使用できそうな不用品を買取できるかどうかの確認も忘れないでください。

 

■福祉整理は何かあってからでは遅い

「まだ元気だから」「生きているうちは必要ない」という考えで福祉整理や生前整理をしない人は多くいますが、年齢を重ねれば重ねるほど体力は減っていき片づけようとする精神力も少なくなっていきます。
今は福祉整理を行っている業者が大阪や奈良にも多くありますが、片づけを求める人が増える一方、どこに依頼すればよいのかわからないという声も耳にします。
作業を引き受けてくれた業者に高額な費用を払うことになり、追加請求などでトラブルに巻き込まれるケースも多発しているようです。
これは高齢者を思う気持ちが一切ない悪徳な業者になりますが、高齢者の暮らしを真剣に考え快適に暮らせるように提案していける業者が本当の福祉整理だと言えるのではないでしょうか。

大阪・奈良全域を対象とした「クリーンケア」は、遺品整理専門業者です。
生前整理やゴミ屋敷の掃除、遺品整理、相続税の相談を主に対応しています。
多量の不用品を処分したり、掃除を行うのは高齢者一人ではとてもできない大がかりな作業です。
自分や家族では対処しきれないと諦めている人もいるかもしれませんが、ゴミが大量に溜まってしまうと害虫が発生したり悪臭が出てきて近隣の方の迷惑につながる可能性もあります。
ゴミを放置することで火災や漏水、建物が荷重に耐えきれず床が損壊してしまう可能性もあるので、そのような被害に巻き込まれる前にクリーンケアへ一度ご相談ください。
経験豊富な作業員が迅速かつ丁寧に作業いたしますのでどうぞご安心ください。