遺品整理の訪問見積もり、どんなことに気を付けるべき?

 | ,  |  | 0

遺品整理の訪問見積もり、どんなことに気を付けるべき?

 

遺品整理は時間をかけて行うため、故人と家が離れている場合は遺品整理業者を利用する人が増えています。
大阪や奈良でも遺品整理に時間を確保できない、ゴミが多くて掃除できないなどの理由から多くの人々に利用されています。
依頼する際は見積もりをしてもらいますが、人によって掃除の規模や範囲は異なるので、訪問見積もりは大切です。
では、訪問見積もりで気を付けたいポイントをご紹介しましょう。

 

■なぜ訪問見積もりは必要?

 

遺品整理では目安の相場はあるものの、整理の範囲や家の規模、特殊清掃の有無など人によって条件は様々です。
ネットが普及している現在は電話やメールでの見積もり請求が一般的ですが、それだけでは家の状況を全て把握することはできず、予定していた作業内容が当日では変わり、追加請求が発生することがあります。
口頭や文面だけで家の状況や家財などを正確に伝えることは労力がかかるので、面倒と思っても訪問で状況を見てもらい、要望を伝えることが大切です。
大阪や奈良など関東エリアでは複数の遺品整理業者があり、料金から比較するために複数の業者に依頼することがあるでしょう。
料金だけではなく、業者によって作業スタッフの態度や対応力にも違いがあります。
訪問見積もりでは作業スタッフがどんな人物なのか確認できる場面でもあるのです。
依頼人と業者の双方でトラブルが起きないためにも、訪問見積もりは大切です。

 

■見積書を見る時のポイント

 

電話やメールでは、ざっくりした内容での見積もりが基本的です。
訪問見積もりとなれば家財の量や家の状態、依頼人の要望を正確に理解した上で、見積もりを提示します。
見積書が出れば目を通すことになりますが、トラブルを回避するためにもしっかり目を通してください。
業者によって見積書の書き方が異なり、中には初めて見る用語や項目を発見することがあります。
内訳に関しても細かく記載されていないこともあるので、分からない用語や項目、内訳などは不透明な状態にせず、訪問してきたスタッフに説明を求めましょう。
疑問に対して誠意に答えてくれるスタッフなら安心してお任せできます。
見積もりを出しても、実際に作業をすると追加費用が発生する可能性があります。
優良な業者であれば、追加料金が発生する可能性も訪問見積もりで説明してくれます。
見積もり書になくても発生する可能性は考えられるので、追加料金が発生する条件についても説明を聞きましょう。
業者が帰った後に疑問が浮かんだ場合はすぐに問い合わせて確認することが大切です。

 

■見積もり依頼で聞かれることを確認

 

訪問見積もりの前に電話やメールで見積もり依頼をすることがほとんどです。
仮の見積もりを提示するための必要な情報を聞いてくるので、どのようなことを聞かれるか把握しておくとスムーズに対応できます。
では、主にどんなことを聞かれるか確認しておきましょう。

 

・依頼者の名前や住所、連絡先などの個人情報
・遺品整理を行う場所と状態
・訪問見積もりの希望日程

 

他にも遺品整理後の方針などを聞かれることもあります。
電話で見積もり依頼をする場合、業者の姿勢や対応力に関しても注目してみましょう。
複数の業者に依頼する場合は、業者別に対応の品質をメモしておくのをおすすめします。

 

■訪問見積もりの際にチェックすること

 

実際に遺品整理業者が訪問見積もりに来た際、事前にチェックしておきたいポイントがあります。
どの点に注目するのか、ポイントを確認していきましょう。

 

・言葉遣いや身なりがしっかりしている
遺品整理は故人と残された遺族の気持ちを重視して、適切な整理を行うものなので、失礼な言葉遣いやだらしない身なりのスタッフがいる業者は信用できません。
正しく丁寧な言葉遣いを使い、身なりがきちんと整った業者は指導力があるので、誠実に遺品整理を行ってくれるでしょう。

 

・資格の有無
遺品整理に国家資格はありませんが、遺品整理士をという民間資格は存在します。
特別なくても問題ありませんが、資格を持っている業者は遺品整理に関して正しい知識を持っている証です。
サービスの品質を知る目安なので、資格があるかどうか、どんな資格なのか丁寧に説明してくれる業者だと安心です。

 

・作業の流れを説明してくれる
初めて遺品整理をされる人は作業の流れがどうなるのか想像がつきません。
作業の流れをはじめ、処分方法などを説明し、疑問にも答えられるかどうか確認しましょう。

 

・料金が明朗である
業者によって料金体系は異なり、これが最もトラブルを生む原因と言えます。
分かりやすく料金を表示してくれる、追加料金の説明などを行っているか確認してください。

 

・立ち合いが必要かどうか
故人の家が遠い場合や仕事や仕様で立ち会えないことがあるでしょう。
それでも作業をしてもらえるか確認することも大切です。

 

・清掃や消臭を提案してくれる
事故物件やゴミ屋敷の遺品整理を希望される人も多く、その場合は特殊清掃により清掃や消臭をしなければなりません。
また、特殊な状態でなくても貸家や賃貸アパート・マンション、家を貸したり売却したりする場合は生活臭が気になるので、掃除や消臭を希望されることも多いです。
特殊な状況か問わず清掃や消臭が必要かどうか提案してくれる業者は気遣いに対する気持ちがあると言えます。

 

■ヒアリングシートで要望を確認

 

大阪や奈良で遺品整理を依頼したいと考えているなら、クリーンケアにご依頼ください。
クリーンケアは電話かメールでの無料見積もりの依頼を受け付けており、最短10分での見積もり提示も可能です。
その後はヒアリングシートに答えてもらい、処分するものや形見分けするものなど要望を細かくお聞きします。
見積もりに問題がなければ大阪・奈良なら当日作業もできるので、急な遺品整理でも対応可能です。
立会人に関しても強制ではないので立会いなしでの作業も可能であり、事前のヒアリングシートに則って作業するのでご安心ください。
家財が多い、生理の範囲が広い家はもちろん、ゴミ屋敷など特殊な環境下でも誠実な遺品整理を心掛けており、大阪や奈良で豊富な実績と経験を持ちます。
遺品整理以外にも生前整理や相続税の相談なども対応しているので、まずはクリーンケアへお気軽にご相談ください。

お気軽にご連絡ください