遺品整理で出てきた遺品はどう保管・保存する?

 | ,  |  | 0

遺品整理で出てきた遺品はどう保管・保存する?

遺品と聞くと故人が着ていた服や身に着けていたアクセサリー、趣味用品、アルバムなどを思い浮かべるかと思います。
それ以外にも日常で使っていた家財道具も遺品であり、生前所有していたもの全てが遺品に当てはまります。
故人の思い出が詰まったものなので、遺品整理で形見分けを行い、引き取れるものは引き取ってもらうことが望ましいです。
しかし、受け取っても保管や保存に困ってしまう親族の方もいらっしゃるでしょう。
大阪・奈良での遺品整理で悩みがちな、遺品の保管・保存についてご紹介します。

■捨てられないなら保管や保存も選択肢

遺品の中には捨てても良いものと、思い出の品や高価なものなど処分の判断が難しいものもあります。
大阪や奈良エリアの遺品整理でも、遺品の処分判断に悩まれる親族は多くみられるようです。
それならいっそ捨てるのではなく、一時保管・保存という選択肢も良いでしょう。
しばらく所有し、不要だと思ったら処分する気持ちでいた方が、遺品整理中に焦って選択を誤ることもありません。
時に高価な遺品は大きな価値を秘めていることもあり、勝手に売ってしまうことでトラブルにつながる可能性も高いです。
どのくらいの価値があるか査定してもらい、親族同士でどうするか決着がつくまで保管をしておくとトラブルの回避につながります。

■清潔な状態で、風通しの良い場所に保存する

遺品はホコリを被っていたり、汚れていたりすることがほとんどです。
汚れがついたまま保管するとカビや虫食いが発生します。
特に価値のつくものは汚れ具合が査定額にも影響するため、できるだけきれいな状態で保管することが望ましいです。
保管前に掃除や洗濯を行い、保管場所も清潔な状態にしておきましょう。
自宅で保管する場合は通気性が良く、湿気のこもりにくい場所が安心です。
箱などで密封する場合は乾燥材や防虫剤を用心に入れておくと良いでしょう。
定期的に保管場所の換気や掃除もしっかり行ってください。

■収納グッズで整理整頓

自宅に遺品を収納するとなると、限られたスペースなので整理整頓が難しい場合があるでしょう。
最近はインテリショップだけではなく、100円ショップでも使い勝手の良い収納グッズがたくさん売られています。
収納グッズを活用して遺品だけではなく、収納スペースもきれいに片づけてしまいましょう。
大阪や奈良にある写真店では、写真をデジタル化できるサービスがあるので、DVDに焼けば収納スペースの縮小が可能です。
ビデオテープもDVDに焼いてくれるサービスがあるので、必要であれば活用してみましょう。
CDや本、洋服も専用ケースに保管すると汚れにくく、スリムに保管できます。
クリアタイプのケースを用意して収納品や遺品を分類して入れれば、透明なので何が入っているか一目で分かります。
整理整頓ではどこに何が入っているか分かりやすく整理することも大事なので、ラベルを貼っておくのも良いでしょう。
収納スペースの広さに考慮し、便利グッズを活用して遺品を保管してみてください。

■トランクルームのレンタルで保管場所を確保

自宅の収納スペースで保管や保存が難しい場合、お金はかかりますがトランクルームのレンタルがおすすめです。
法人向けのイメージがありますが、収納スペースの補助として家庭での利用が増えています。
月単位や年単位でレンタルできるため、長期的に遺品を保管する場合も便利です。
広さに関しても豊富なので、損をせずにレンタルするのであれば、保管する遺品の量に合わせて借りましょう。
設備内容も様々で、一定の温度や湿度管理が行われているトランクルーム、防犯対策に優れたトランクルームがあります。
遺品の中には傷みやすいものや高価な貴重品も含まれるので、少し高くても温度・湿度管理と防犯対策が徹底されたトランクルームを選びましょう。
アウトドア用品であればコンテナタイプのトラックルームでも問題なく保管できます。

■トランクルームの探し方と準備

・ネットで最寄りのトランクルームを探そう

大阪や奈良にもトランクルームがいくつかあり、ネットで検索するのがおすすめです。
急な取り出しもあることを想定し、トランクルームは最寄りのものを選びましょう。
防犯がしっかりしている場所でも住んでいる場所から離れて保管するため、異変がないか定期的に見に来てください。
一般的に日にち単位で預けることはできないので、いつまで保管するか月や年単位を明確にし、契約しましょう。

・預けられないものをチェック

トランクルームには現金、有価証券、危険物、生もの、強い臭いを発するものは保管できません。
何が保管できないのか、何なら保管できるのかチェックしておきましょう。

・遺品の量は正確に

預ける前に遺品が全て収納できるサイズであるか量を確認することも大切です。
段ボール何個分の量か分かるだけでも、レンタルするサイズを予想しやすくなります。

・清潔な状態で保管

自宅での保管同様、預ける前に遺品をきれいにしておきましょう。
温度・湿度管理が良いトランクルームでも、汚れたままの保管は老朽させる恐れがあります。
汚れやホコリがないか確認を行ってから預けてください。

■遺品の扱いに迷った時は・・・

遺品整理や形見分けは遺族の役割ですが、処分するか保管するか悩みながら行うので、意外にも時間がかかってしまう作業です。
大阪や奈良は広いので、故人の家と離れていると、遺品整理にかかる時間や手間も増え、残す遺品の移動にも苦労するでしょう。
遺品整理は気持ちの整理や相続手続きを進める上で必要な整理であり、賃貸住宅なら次の住居人を募集するため、速やかに行う必要があります。

大阪や奈良で遺品整理をしたいけど時間が確保できない、どう整理や処分をしたらいいか分からないのであれば、クリーンケアにお任せください。
クリーンケアはヒアリングシートのより形見分けしたい物を把握し、処分するものは正しい知識を持って処分いたします。
何を形見にするか迷った際は、豊富な経験から適切なアドバイスいたします。
当日忙しい方や遠方で立ち会えない場合でも、ヒアリングシートの指示通りに遺品整理を行い、形見分けしたものをご依頼者やご遺族にお届けするのでご安心ください。
遺品整理にお悩みの方は、クリーンケアへ気軽にご相談ください。