まずは断捨離から!終活をするためにやるべきこととは

 | ,  |  | 0

まずは断捨離から!終活をするためにやるべきこととは

近年では「終活」という言葉がすっかり定着してきていますが、これは少子高齢化や核家族化が進み一人暮らしの高齢者が多くなってきていることが大きな要因となっているようです。
自分がいなくなった後の片付けをお願いできる人がいなければ、生きているうちから終活の準備をしておくのは自然なことかもしれません。
終活で最も大切なことは断捨離ですが、この作業は終活の中で最も手間のかかる工程です。
こちらでは、終活における正しい断捨離方法をご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

 

■断捨離は遺族の負担を軽くするもの

終活をしようと試みても実際何から始めたらよいのかわからない人は多いでしょう。
遺言書を書く、遺産相続について考えるなども確かに検討すべきことかもしれませんが、終活はそれだけではありません。
残された遺族は、本人に代わって家にある財産を全て処理する作業をしなけばならないのです。
大事なものばかりではなく、本人に必要のないものや処分しきれなかったものなども含みます。
大量の遺品を必要のあるものとそうでないものに仕分けし、保管したり捨てる作業も伴います。
これは想像以上に大変なことで、本人にとっては必要かそうでないものかを簡単に判断できても遺族にとっては理解できないケースも多くあるようです。
ですから、遺品整理がなかなか捗らず時間や手間だけがかかってしまいます。
終活は、こういった遺族の負担を減らすためのもので遺品整理をスムーズに進められるように断捨離を行うことが最も大切と言われています。

 

■断捨離はネガティブな行為ではない

終活での断捨離は、まだ生きているにも関わらず死後のために行う行為としてネガティブな印象を抱かれることが多いというのは事実です。
いくら遺族の負担を少なくするといっても本人自ら断捨離をすることを止める人もいます。
しかし人間は生きている以上、最期の時がいつ訪れるかわかりません。
断捨離をするかどうか迷っているうちに突然…という可能性も十分に考えられるでしょう。
高齢になるにつれて体力が落ちていき、自分で判断することができず断捨離ができないかもしれません。
最近は認知症の発症率も高く、意思の疎通をすることすらままならない状況になってしまうことも考えられます。
ですから、終活は心おきなく旅立つための準備として元気なうちから始めるべきなのです。
断捨離は不要なものを捨てることで生活の質を向上させることにもつながります。
穏やかな老後を送るためにも、終活を始めるタイミングを考えておきましょう。

 

■使っていないものを捨てるのが断捨離

断捨離するものを判断するにあたり大切なことは、今現在使っているかどうかを見極めることから始まります。
家電や衣類、食器、雑貨など人によって違いますがいつか使うかもしれないと思い保管してあるものは今後も使わない可能性が大きいです。
また、思い出の品も断捨離の対象物になるかもしれません。
長年集めてきたコレクションや書籍、美術品などでいらなくなったものはないでしょうか。
自分の子どもが使っていた机やベッドに対して思い入れが残るのはわかりますが、誰も使うことがなければただ単に場所をとってしまうだけです。
自分に心残りはなくても使用していた本人の意思で保管していた場合は、一言断った上で処分するようにしましょう。
今まで送られてきた年賀状を全て保管してある人は、1~2年以内のものを除いては処分してもかまいません。
捨てることに抵抗がある場合は、写真に撮って保管する方法もあります。
データとしてパソコンに入れておけば場所をとるスペースもありません。
こういった品々は、遺族で判断することは難しいので本人の意思で断捨離すべきです。

 

■使用しているものの中にも対象物はある

実は、今現在使用しているものの中にも断捨離の対象物となるものがあります。
例えば冷蔵庫の中や流しの中に中途半端に使った食材や調味料が眠っていませんか?
賞味期限が切れているものや使える状態でなくなってしまったものがないか見てみましょう。
玄関や庭、ベランダなどに使えない傘や雨ざらしになった植木鉢は、環境の一部として考え処分するという発想が出にくいものです。
こういった日常の掃除範囲の中で身のまわりのものを少しずつ減らしていってください。
玄関や庭にあるものを少なくしていくと生活環境が良くなりメンタル面にも良い影響が出てきます。

 

■断捨離のやり過ぎには注意しましょう

ここまでは、断捨離することは家族に負担をかけないための良策と述べてきましたが、積極的になり過ぎてしまうと断捨離が逆効果になってしまうこともあります。
身のまわりのものをできるだけなくしてスッキリした状態にしておきたい気持ちはわかりますが、誤って預金通帳や証券などを捨ててしまうケースもよくあります。
それだけならまだしも不動産などの契約書や土地を購入した時の金額が手元からなくなってしまえば、もしも家を売却する時になった場合大変です。
ものを捨て過ぎてしまいかえって家族に迷惑をかけるというケースも珍しくないので注意してください。

 

■断捨離をする時は相談をしてから行う

終活とは本人のためというよりも残された家族のために行うものです。
大事なものをうっかり捨ててしまうこともあるので、家族と相談しながら進めていくのがベストです。
その方が、ものの選別や大事なものはここにあるという状況をお互いに把握できますし、何よりトラブルを回避するための安全性にも繋がります。
身勝手な終活は、家族の負担を大きくしてしまうだけなので終活の意図をしっかり理解して協力してもらうようにしましょう。
しかし、中には近くに家族がおらず自分一人で断捨離を行わなければならない人もいるはずです。
その場合は、終活のための断捨離作業を代行してくれる遺品整理業者に依頼してみるのも一つの方法です。

大阪全域から奈良などの近畿エリアを対象としているクリーンケアは、遺品整理以外に生前整理にも対応しております。
一人暮らしでゴミ屋敷状態になったお部屋でも迅速に処理し、短時間でお部屋をクリーンな状態にすることが可能です。
処分する量が多い場合やどこから片づければよいのか判断できない悩みをお持ちの方に最適なサービスをご提供させていただきます。
経験豊富なスタッフが大阪・奈良などの近畿エリアを対象に対応・サポート致しますので、ぜひともお気軽にご相談ください。

お気軽にご連絡ください